マンガ育児日記 ~みはママのどうにかこうにか~









毎日楽しく(?!)子育て中!!

お笑い大好きお調子者のひなさんとイヤイヤ期突入のハルさん

そんな二人の成長を漫画でご紹介よ~~!!

月別アーカイブ  [ 2016年02月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ランキングに参加しています☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログへ
人気ブログランキング にほんブログ村





スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

手術当日

さて、いよいよ手術当日になりました


今日は絶食なので
朝ごはんの配膳もなし…

お昼の12時まで
水分はとってもいいので
起きて、とりあえず
熱いお茶を飲みました

そしたら、お腹がグルルル〜
お通じの気配

そういえば、昨晩
下剤を飲まされてたっけ

慌ててお手洗いにいって
スッキリしてきました^_^;



10時くらいに
看護婦さんが来て

「お通じありましたか?」

はいはい、ありました
バッチリです

「それは良かったです
では体温と血圧はかりますね〜」


早くも習慣と化した
体温と血圧の測定


測定が終わると
手術着と紙キャップを
出してきました

おぉ〜
きたきた〜
手術って感じしてきた〜


「二時くらいまでに
着替えておいてくださいね

今晩は、リカバリー室で
一晩過ごすことになります

シャワーも午前中に
入られたらいいですよ」


はぁ〜い


「では、浣腸をしますね」


あ、そうだった

そうゆうイベント(?)もあるんだった〜


浣腸は出産の時にもしたので
もう慣れたものです ^_^

失礼しますよ
と、お尻を出して
看護婦さんが
あらよ!

「もよおしてきたら
すぐトイレに行ってください
後は確認しませんので
流しておいてください」

そう言い残すと
看護婦さんは出て行きました

すぐにもよおしてきたので
すぐトイレにいったんですけど
今朝、下剤ででてるんで
ほとんどなにもなし…


午前中にすること終わっちゃった…


再び暇暇タイム…


また、テレビを見つつ
ひたすらレース編み

年末なんで
結構スペシャル番組があり
その点は飽きずに良かった良かった



午後、2時にマコさんが来る予定

手術当日には、事前に手術の説明をうけた
親族がこないといけないことになってます

うちではマコさん


子供達は
実家から母と父がきてくれて
見てくれているので
お家でお留守番

マコさんが来る前に
手術着に着替えておこうと
広げてみると…


なかなか年季の入った感じの手術着です
緑色の甚平のような形

お?肩のところが
マジックテープで開くようになってるんだ
へぇぇ〜

それと、血栓予防のストッキングを履いて
待っているとマコさん登場〜


きたきた♪
マコさんに、お願いしないといけない
重要事項があるのです

「お願いがあるんよ
私が手術してるあいだ
パジャマとタオルを
洗濯しておいて!」


私、うっかりパジャマの替えを
もってくるもを忘れてました

病院があったかいから
寝汗をかいたりしちゃって
気持ち悪い 気持ち悪い

でも、ほかに着る服って
着てきた服しかないから
どうにもできなくって
この日を待ってました!!
(そもそも、替えのパジャマを持ってないし…)

部屋着でもなんでもいいから
替えの服はいりますよ〜


「別にいいけど
どこでするん?」


「あっちにコインランドリーがあるから、
これが洗剤 よろしく!」

なんて、洗濯の説明をしていたら
看護婦さんが迎えに来ました


「それでは行きましょうか?」

「あ、はい
じゃあ マコさん
洗濯よろしく〜」


洗濯物を抱えた
マコさんに手を振り
私と看護婦さんは
歩いて手術室へ


病室階から業務用のエレベーターを使い
手術階へ向かいました

手術階に着くと、直ぐに手術室の前室で
紙キャップを被り、スリッパを手術用のものに
履き替え、
パンツも脱いで、ビニール袋に入れ
看護婦さんに預けます

入院時につけた手首のタグの
名前に間違いがないが再確認し、
そこから手術ナースに案内されて
手術室へ


広くて、明るく割にオープンに感じる部屋
広いからかな?

中央に手術台

見た感想は
意外に細い…

いや、本当細いんですよ

寝返りうったりしないから
別にいいんだろうけど…

なんて、余計なことはいいとして

「上に上がってください」

と、声をかけられ
(初日にDVDを観てたから
知ってはいるんですけどね)


台に横付けされている階段を上がって
手術台に仰向けにゴロン

ホワンホワンなマットが
敷かれているんで、ずらさないように
気をつけながら…

左右に一人ずつ、計2人の
看護婦さんが手伝ってくれますけどね


寝転がるとまずは、
背中に入れる「硬膜外麻酔」をします。


「あちら側を向いて横になってください。
背中に麻酔を打ちますね。ちょっとチクッとしますよ」



どのくらいの「チクッ」なんだろ
ドキドキ…

ほんの少しだけの「チクッ」でホッとしました ^_^

「次は、硬膜外麻酔の管を入れていきますよ。
背中が少し押される感じがします」


事前の説明で知っているけど
どんな感じなのかな?かなりドキドキ…


すると、確かに背中の中央を
グッグッと押される感じ
そして、痛くないけど
何かが背中に入っていく感触はしました
「なんか入っていく感触がありますねな〜」
なんておしゃべりして不安を和らげましたけど
初めての感覚なんで、痛くないけど気持ち悪いです ^_^;



「はい、上を向いてください」

管を入れる時間は意外に短く
ほんの数十秒でおわり


「腕を広げて下さい〜」
「脚を包みますね」

こんどは、手術中に血栓ができるのを防ぐための
脚マッサージきの取り付けとか
測定器のとりつけをバババッ!と


「では、麻酔の点滴をつけますね」

それが、手の甲なんですわ
「え…そこなんですか?」

「そうなんです、ごめんなさいね」

手の甲って初めてだし、痛そう〜


そして、これがこの手術で一番痛かった…

だって、一回失敗しちゃうんだもの〜

「あ、入ってない!ストップストップ!」

いって〜 (T ^ T)

反対の手でやり直し…
次はちゃんと入りましてどね

入ったら痛くないのよ

なんて、プチトラブル(?)はあったけど、
看護婦さん達が、終始笑顔でにこやかに対応してくれていたので
緊張はあまりせずにすみました よかった よかった

手の甲の点滴が成功すると
「では、眠くなる麻酔を入れますよ」

おぉ とうとうね
じゃあ、今のうちに言っておこう

「先生お願いします」

先生の声が上の方から聞こえてきます

「分かりました〜」


あぁいつ眠くなるんだろう…

なんて思って
ちょっとすると…

「◯◯さん ◯◯さん」

私の名前を呼ぶので
また何かしないといけないのかと
思い返事をすると


「終わりましたよー」

え?!


…続きまーす


☆ランキングに参加しています☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログへ
人気ブログランキング にほんブログ村





スポンサードリンク

スポンサーサイト

[ 2016/02/11 07:44 ] 子宮全摘 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

みはママ

Author:みはママ
お笑い大好き姉とわがまま怪獣妹
今日もスクスク育ってま~す!

お仕事させていただきました
黒川まるいし農場のお米ギフト
誕生時の体重分のお米をかわいい米袋に入れて贈りませんか?
内祝いに最適です☆ラベルのデザインをみはママがしました~♪
サイト内検索
カテゴリ
月別アーカイブ
すくパラ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。